稲庭うどん「うららか」羽田空港国際線ターミナルの深夜の出国後ロビーでまったり

これからカンボジアに向かうため、羽田空港に来ています。

今回、出国後ロビーで作業ができて、おいしいうどんが食べられるお店を見つけたので、ご紹介します。

稲庭うどんのお店「うららか」

稲庭うどん屋さん「うららか」です。

2013年9月からあったそうです。もっと早く見つけたかった。

つるつるの稲庭うどん

うどんはすべて、稲庭うどんです。平べったくて、冷たいうどんはとってもさわやか。これから機内で寝る、という場合にも胃にやさしいので、旅の前の最後の日本食におすすめです。

今回は「とろろつけうどん」1,030円をいただきました。

出国後のほうが飲食店が混雑していない

こちらのお店に限らず、出国後ロビーにある飲食店は、席を待たずに利用できることが多いです。(※深夜便ばかり利用している人の意見です)

やはり、出国前エリアはお見送りの人や、空港を見に来ただけの人も利用できるので、混み合うもよう。

特に、羽田空港のうどん屋といえばつるとんたんが有名で、とても美味しいのですが、常に行列しています。前はよく利用していましたが、夕方に行くとお店に入るまでだいたい30分位は待ってました。

できればチェックインと出国審査と、早めにすませてゆっくりしたいですよね。

作業したり、ゆっくり自分タイムできる

今回うららかを利用したのは夜10時過ぎで、しかも位置的にロビーの端にあるためか、どこでも好きな席が選べました。

ここならゆっくり長居して、ちょっとしたデスクワークをすることも可能そうです。

お店の中央には「ごゆっくり」と言わんばかりの大きなテーブルが。

反対側からみると、こんな感じです。

ゆったりしたボックス席もあります。

しかもちょっとフォトジェニックなインテリアだと思いませんか?旅の前のセンチメンタルなかんじのインスタ撮影にもぴったりかもしれません。

日本酒や焼酎を含むアルコール & おつまみ有り、禁煙

今までだと、私は BEER CLUB Verre Tokyo というお店でパソコンで作業をしていました。窓から飛行機が見えて楽しいお店なのですが、アルコールを飲むとか、タバコを吸うのがメインの目的の人が多いです。

うららかは禁煙で、日本酒や焼酎、おつまみも用意されていますし、何よりうどんがおいしい!とってもおすすめです。

電源がある席たくさん

電源は、一部の席に設置されていますが、じゅうぶんな数があると思いました。ご飯をたべている間に、携帯の充電をいっぱいにしておくことも可能です。

美味しくてしかも便利なお店でした!ぜひ利用してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまよねーずをフォローしよう!

コメントを残す