WordPress のアカウントをユーザーごとに発行するメリット

仕事柄、いろんな方の WordPress の管理画面を拝見するのですが、複数人で運営しているにも関わらず、全員で1つのアカウントでログインしているサイトは意外と少なくないようです。

ユーザーごとにいろいろな便利な機能があるのに、もったいない!

今回は、ユーザーごとに設定できるもののうち便利でオススメなものをピックアップして紹介します。

同時編集を防止してくれる

一番大事な機能はコレじゃないでしょうか。

1つのユーザーを共有していると、だれかが同時編集していた場合上書きされるんですよ!

別々のアカウントを使っておけば、他の人がいま編集中でないかどうか、表示してくれます。

さらに、誰かが編集中の記事を編集しようとすると、警告してくれます。

無視して編集を引き継ぐことも可能です。その場合は今まで編集していた人に「この記事はこのひとが引き継ぎました」と表示され、保存していないものがあった場合は、次項でご説明する「リビジョン」として履歴が保存され、あとで復活させることが可能です。

編集履歴にも名前が残る

WordPress は「リビジョン」といって編集履歴を閲覧したり復元する機能があります。ユーザーを分けておけば、どの変更を誰がいつやったのか、後で振りかえることが出来ます。

もし同じアカウントを使っていたら「やった」「やってない」の言い合いとなることでしょう。

誰がどの記事を書いたかわかる

当たり前ですが、誰がどの記事を書いたか、投稿一覧に表示されて一目瞭然です。

管理画面上で著者別に表示したり、執筆記事数をカウントしたり色々出来ます。

管理画面の表示項目を変える

以下は管理者 admin さんの管理画面です。おそらくあなたの管理画面もこのように、左のメニューにたくさんの項目があるとおもいます。

ですが、たとえば記事の執筆のみを担当する方がいる場合、不要な項目が多すぎます。

 

そこで WordPress 標準の、ユーザーごとに権限を変更する機能を使いましょう。ユーザーの作成時に、権限を指定することが出来ます。

各権限の詳細は、WordPress の公式ドキュメントである Codex のユーザーの種類と権限>3 権限グループ をご覧ください。

 

「寄稿者」に設定したユーザーの管理画面は、以下の画像のようになります。

さきほどの画面と比べてとてもスッキリ。余計な項目が減り、これなら迷いませんし、間違えて設定を変更される心配もありません。更新通知の「今すぐ更新して下さい」も「サイト管理者にお知らせください」に変わっています。

「レビュー待ち」ができる

外部ライターがいる場合にオススメなのが、さきほどの権限のうち、公開権限がない「寄稿者」が追加できます。

寄稿者でログインして記事を書くと、公開ボタンの代わりに「レビュー待ちとして送信」ボタンになっています。

寄稿者が執筆した記事は、編集者以上の権限のユーザーが操作しない限り公開されないのです。

承認者は「レビュー待ち」のみチェックすればよくとってもラクチン。

もう、Google ドキュメントで記事のやりとりをして、毎回コピペするなんて面倒な作業は省きましょう。

パスワードの再発行ができる

パスワードの共有って面倒じゃないですか?忘れた人にいちいち聞かれて連絡したり。

ユーザーごとにパスワードがある場合は、ユーザーが自分でパスワード再発行メールを受け取れるので、完全に管理を任せられます。変更してもだれかに共有し直す必要もありません。

(テーマによっては)著者プロフィールが表示できる

最近の WordPress テーマで、著者欄のデザインが充実しているものをよく見かけます。これを利用するには、各ユーザーに標準で用意されているプロフィール欄に入力します。

自分のプロフィールは自分で編集できるので、「肩書が変わったから差し替えてほしい」なんて依頼されることもなくなります。もし言われたら「管理画面で出来るから、自分で変えて」ではいおわり。

もしいまお使いのテーマが著者プロフィールに対応していない場合、プラグインで簡単に見栄え良く設置することもできます。あの人気テーマ BizVektor と同じ作者の VK Post Author Display というプラグインがとても人気でオススメです。

VK Post Author Display

ユーザーごとに管理画面の言語が変更できる

さて、昨年12月にリリースされたばかりの超便利機能!プロフィールページの設定で、ユーザーごとに管理画面の言語が変えられます。

これ、本当に便利!

たとえば開発者の場合、エラーメッセージを Google 検索するために、管理画面を英語で使いたいという人もいるのでは?その場合ここから変更すれば、他のユーザーやフロント側の言語を日本語にしたままで変更できます!ぜひ活用してみて下さい。

変更オプションがないぞ?という人は、WordPress のバージョンが古いので今すぐアップデートしましょう😊

さらに活用するなら Edit Flow プラグインがおすすめ

いかがでしたか ?

他にもビジュアルエディタを使うかどうか、管理画面の配色などいろいろカスタマイズできます。権限をただしく設定してぜひユーザー機能を活用してみてください!

ほかにも便利な機能を利用したいなら、Edit Flow というプラグインもおすすめします。

Edit Flow

記事の公開スケジュールを見渡しながらドラッグ&ドロップで変更できるカレンダーや、「写真担当者」など役割りごとの設定などを更に追加できます。もともと WordPress 本体に追加するために開発されていたプラグインということもあり、非常に使いやすいです。こちらも合わせてぜひお使い下さい! Happy editing! 📝🌻😃

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまよねーずをフォローしよう!

コメントを残す