WordCamp公式サイトのURL構造が変わるそうです

コミュニティチームのMakeブログに「Domains, URLs and SSL on WordCamp.org」という投稿がありました。

要約してみます。

  • 各WordCampのサイトに対して、かねてから要望の多かったSSL対応をします。
  • サブドメイン2個だとうまくいかないので、urlは今までの2014.tokyo.wordcamp.orgという形式からtokyo.wordcamp.org/2014というように変わります。
  • 手順として、過去Camp&今後開催のCampをいくつか変換してみて、大丈夫そうだったら各地域のボランティアのひとに声かけして、変換&テストを手伝ってもらいたいみたいです。
  • リダイレクトされるので、サイトの特定のページにリンクをはっていても、リンク切れは起こりません。
  • 最終的には、tokyo.wordcamp.orgのようなURLのページが、都市のランディングページとして機能するようにし、過去や未来の開催スケジュールをリストさせます。

だそうです。

ランディングページが気になりますね。

質問や要望を、ぜひMakeブログからお伝えいただくと、よいのではないでしょうか!

この記事を書いた人

マヨネーズまゆこ

元カンボジア在住、現在は日本で WordPress コミュニティに関わる、フリーランスの Webデザイナーです。Web の力で、面白い人や活動がもっと発信されるようになるのが夢。