海外在住者の日本への一時帰国、免許の更新は前倒しより後ろ倒しがいいかもしれない

昨日、免許の更新をしに府中試験場へ行ってきました。

そこで人生で2回目の初回更新者講習を受けてきました。2回目なのに初回です。こんなことになってしまった理由は今から遡ること3年前のこと。

一時帰国のとき、早めに更新しておいた

実は、今から3年前はまだカンボジアに住んでいたのですが、しばらく海外で暮らしているつもりでしたし、日本へも滅多には帰らないつもりでした。そんな中で一時帰国する機会があったのですが、その時点で、免許の初回更新の9ヶ月前でした。日本に来る飛行機代だって高いし、「まさか1年以内にまた日本に来ることは無い」と思い、更新を早めたのでした。(実際は1年以内に本帰国するんですけれども….)

普段であれば、誕生日の前後に更新に来るよう言われますが、窓口で「海外在住です」と言えばいつでも更新させてもらえます。このことは警視庁のサイトに載ってます。私の場合はパスポートに貼ってある、有効期限内のカンボジアのビザを提出しました。

海外旅行等一定のやむを得ない理由により、更新期間内に更新を受けることが困難であると予想される場合には、特例として更新期間前に更新を受けることができます。
出典: 警視庁「海外滞在中で日本の免許をお持ちの方」

しかし、未来というのはわからないもので、その翌年から日本に住んでいます。別に前倒して更新する必要なかったんです。

それどころか、優良運転者講習は免許継続期間5年以上じゃないと受けられません。私は早めに更新をしてしまい、最初の免許取得から5年以内にもう一度期限がきてしまったので、ふたたび初心者講習の該当条件に合致してしまったのでした。講習時間は30分→2時間と差があり、手数料も高いです。

参考: 警視庁「試験場での更新手続」

免許を失効してしまっても、意外と例外措置がある

では、もしあのとき更新せず、かつ更新時期に日本にいなかったら。さきほどの警視庁「海外滞在中で日本の免許をお持ちの方」の中に「(2) 有効期間の満了により免許が失効した場合」という章があります。ざっくりまとめると、失効3年以内は「適性試験」のみで免許復活できる(視力検査とかだけでOK)のだそうです!学科も実技も免除です。

しかも、失効6ヶ月以内であれば、初回の免許取得からの継続期間をつなげてもらえるので、初心者講習をもう一度受けずに済むのです。

まあ、オーストラリアでは仕事で自動車を運転するのに役に立ったし、免許自体は活用してたからいいことにしよう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまよねーずをフォローしよう!

海外在住者の日本への一時帰国、免許の更新は前倒しより後ろ倒しがいいかもしれない」への3件のフィードバック

  1. 初訪問です。外国免許切り替え経由で免許を取ったばかりのものです。
    今は日本ですが、将来似たような状況になりそうなので、情報知りたく
    キーワード検索でたどり着きました。2回目の初心者講習の際の更新の際
    免許の期限は5年になりましたか?二回初心者講習受けることはさほど
    抵抗ないですが、免許が再度3年のみになるのは面倒だなと思いました、、。
    もしお時間あればお返事いただけると嬉しいです( ´ ▽ ` )ノ

    1. Rai さん、こんにちは!残念ながら3年でした…ふつうの初心者講習対象者とまったく同じ扱いです。

コメントを残す